荒神社 立里荒神 (たてりこうじん)

こんにちは Bulan Mati 助産師 光子です。

夏、ま盛りですね。

みなさん、元気でしたか・・・?

私は、無価値観におそわれて・・・元気が、なくなっていました。

無価値観とは、自分に自信がなくなること・・・

私なんか、何の役にもたっていない・・・とか

みなさんも、ブルーになって、元気が出ない時ってありますよね・・・

そんな時は、どうしていますか?

ショッピングをしたり、

映画を見たり、

友達と思いっきり遊んだりしたら、元気になりますか?

私は、神様のエネルギーを浴びに、聖地へ・・・行きます。

今回、ふっと浮かんだのは、宮古島の神様から頂いたお水を持って、

高野山の奥にある荒神社へ、行くことでした〜

ご祭神は、火産霊神、誉田別命

摂社(五社神社)    ご祭神 天照皇大御神、大山柢命、
                    保食命、市杵島姫命、素盞鳴命



弘法大師が、高野山を開くにあたり祀られた神社です。

高野山へは、いつも自宅から車で行きます。

何故か、この日は、早くも・・・車酔い・・・?

高野山が近ずくにつれ、カーブを曲がるたびに、胃がねじれます・・・

そして、荒神社が近ずくにつれ、お腹も痛くなるし、耳が聞こえない・・・

最悪だっ・・・

なんとか我慢して、神社に到着。

主人と二人で、神社のトイレへgo・・・

なんで・・・?

でも、何かすっきりした。

何で悩んでいたんだろう・・・吐いたら、お腹の中にあった

もやもやと、つらい感じが、軽くなったんです。

神様のエネルギーが、身体の中の不要なエネルギーを、体外へ排泄させた?

これを、浄化といいます。

医学的な根拠はありませんが、

人間の身体には、微細なエネルギーに、反応する作用があるように思います。

荒神社のエネルギーは・・・とても男性的な力強さがあります。

仕事で勝ちたい時に、神様にお願いしに来てみて下さい。

鳥居をくぐって・・・



鳥居のトンネルを、ゆっくりと歩きます。

ここは、龍神様のすみかだと、初めて訪れた時に、教えて頂きました。

このトンネルは、龍のお腹の中かな・・・?

どっしりとした、重いエネルギーです。




只今、修理中という事で、いつもとは違う参拝の道を歩きました。



いつもの参拝の道を上から、見下ろしました。

龍神様が、山の頂上まで、私達を導いてくださっている・・・





そして、到着。

素晴らしい景色ですね。






ごめんなさい。

神社に、お水を繋いで、ほっとして、境内の写真を撮り忘れてしまいました・・・

みなさん、自分の足で、お参りして下さい・・・

と、神様がおっしゃったのかも・・・知れません。



帰りに、虹の雲を見ました。



雲といえば・・・こんなかわいい雲も、見ましたよ。

よいしょっ・・・よいしょっ・・・なんか、やってきた〜




わっ、かわいい・・・猫バスみたい・・・




これは、夕日にそまった龍神様・・・




ブルーな時って、考え事をしながら、いつも下を向いて歩いちゃいますね。

でも、頑張って上を向いて見て下さい。

あなたに、神様からのメッセージが、見えるかも知れませんよ。

さぁ、八月です。

夏を楽しみましょう〜



ゲージングのBRACO (ブラッツォ)に会ってきました❤




Bulan Mati 助産師 みつ子です。

 6月25・26・27日、神戸に

BRACO (ブラッツォ)というゲージグという癒しをする

ヒーラーが日本初で、神戸へやってきました。

龍宮神祭のメンバーから、教えてもらっていたのですが、

そのヒーラーの目を見るだけで、癒しが起きる聞いて

うさんくさいな。。。と、あんまり行くつもりはなかったのですが、

麻里馨さんがブログで、凄いいいよ〜と、書いていたので、

半信半疑で参加してみました。

会ってみてビックリ

まさに、

彼は、イエスキリストのエネルギーを降ろす人でした。

たった、5分間だけ会場に集まった人たちを見つめるだけなのに、

その人に必要な癒しが、起きるんですよ。

私は、必死に、地球を救って下さい。

私達人間を、救って下さい。

世界平和ために、もっとがんばりますから。。。

なーんて、何回も泣きながら唱えていました。

きっと私、過去世でも、キリスト様のお手伝いをしていましたね。

なんか、思い出した気がします。

彼は、私達に、存在が、愛の塊で、いるだけで、

人が癒されるんだよ・・・っと、

教えてくれました。

きっと、宮古の神様が会わせて下さいましたよね。

だって、龍宮神祭の新しいメンバーが、神戸に、

大集合していましたからね。

それから、それを主催した尾崎栄という女の方が、

白い衣装を、羽織っていましたが、その衣装は、

あった事もないんだけれど、宮古島のみかさん。。。

という方が、送ってきた衣装なんですよと、言ってましたよ?

綺麗な白いろで、裾がチューリップの花みたいで、宇宙的でしたよ〜

きっと、またBRACOは、日本に来てくださると思いますよ。

チャンスは、自分の手で、つかんでみましょう〜


宮古島の龍宮神祭に参加してきましたよ〜❤


こんにちは、助産師 みつこです。

6月9日から13日まで、宮古島へ行ってきましたよ〜

今回の目的は、御縁があって、宮古島の龍宮神祭へ参加する事でした。

龍宮神祭とは、宮古の龍神様に、感謝するお祭りだそうです。

まずは、お祭りの朝に、下地島の通り池にあるなべ底という海水に、身を清めにいきます。

最近は、パワースポットとして、注目されています。

なべ底に行くまでには、このトンネルを通ります。

それはまるで、産道です

入口で、ホテルてぃだの猪子さんと一緒に、神様に、きちんとあいさつをしてから入ります。




そして、しばらく歩くと、龍の目にあたるといわれている通り池にでます。




さらに、ドンドン歩いて行くと、なべ底に到着します。。

ここは、まるで子宮の中です。

羊水につかって。。。産まれ変わる。。。

なべ底の海水には、不思議なパワーがあります。

自分の本来の進むべき道へ、戻す力 

健康を取り戻すきっかけの力

それぞれの個人にあった浄化が、おきます

でも必ず、ホテルてぃだの猪子さんに、お願いして一緒に行って下さいね。

実は、一人で行くと、とても危険な場所なんです。

尖った岩で、けがをしたり、波にのまれたら、大変です。

なべ底の中には、たくさんの神様がいらっしゃいます。

猪子さんと一緒に行って、きちんと神様に、ごあいさつしてから、入るのが道理です。

詳しくは、伊良部島の ホテルてぃだ のホームページをご覧ください。




なべ底からあがると、身体が軽くなりました。

身体の中の不要なエネルギーが、取り除かれました。

そして、元気パワーが注入されました

朝日がとてもきれいです。




ゆうなの花

神様の花とも呼ばれているそうです。

咲いた時は、黄色ですが、花ペンの赤い色素が花びらににじみ出て、

落ちると赤くそまります。

この様子から、子供は親のように育つと、言われているそうです。





今回、龍宮神祭に参加したメンバーです。

真ん中のかわいい女の子は、

下川友子ちゃん という スピリチュアルな芸能人です。

全国の聖地について、ブログで、詳しく説明してくれていますよ。

今回のたびの様子も、シリーズで、とてもわかりやすく紹介しています。

下川友子ちゃんで、検索してみてくださいね。




今回、龍宮神祭で、最も重要な人物なのが、お坊様達です。

天然で笑いをとる天女様と、とてもパワフルで、奥様想いのご主人、通称エロ坊主さま。

陰陽のエネルギーで、凄い事を起こしていくんですよ

詳しく書けないのが、残念です。

本来なら一般ピープルの私達は、一緒にお坊様達と、まわらせていただけないのですが、

今回だけは、特別に参加させて頂けて感謝です。

そして、お坊さんが話して下さいました。

〆Fは、いい日だ

∈Fもついてる

すべてに感謝

すせ

という言葉を、毎日言って下さい。と、

特に、感謝という言葉を、108回、毎朝、言って下さい。

108という数は、煩悩を手放す数字です。

そういえば、年越しの除夜の鐘の回数ですね。

素敵なお坊様方です。




午後から、大神島へ参拝に行きました。

麻里馨さんが、歌を奉納すると、

愛のエネルギーが、天から降り注ぎました。

私は、涙がとまらなくなりました。


きっと、のチャクラが開いたのでしょう。




大神島は勝手に入ってはいけない島です。

宮古島の神々の最も高尚な神の島です。

どうしても行きたいときは、猪子さんに相談して下さいね。









大神島から、伊良部島へ戻る途中に、龍神様の雲が現れましたよ。




翌日は、宮古島から飛行機に乗って、多良間島へ行きました。

ちょうど私達が行った日は、多良間島の大切なお祭り、

スツウプナカという、海の神様に感謝するお祭りの日でした。

神様へ捧げるお魚を獲る係りの村人がいるんですよ。

私達の祖先は、そうやって自然に感謝していたのに、

大切な何かを、すっかり忘れてしまっていますよね。

祖母や祖父達が、大切にまもってきた事を、私達は、その意味を知って

子供たちに、伝えていかないといけませんね。

多良間島の御嶽に伺いました。

重い強いエネルギーです。





これは、神様の実なんだって。





水納島を見ながら、みんなで神様に拝みました。

潮がひいて、現れた不思議な岩です。

この岩の近くで、ヘンミン達がアロハを踊り、

ダイがダンスをして、

麻里馨さんが、歌を奉納しました。

神様は、たいそう喜ばれたとか・・・

いつの時代も神様は、楽しい事が大好きなんですって。



多良間から帰って、池間島へ

ここは、大神島が見えるスポットなんですよ。





男の子達が、お坊様を中心に、ギンギンギラギラを、熱唱しました。

恥ずかしいなんて思っていたら、神様に好かれないよ〜


 


ほらね、黒龍様が喜んでいらっしゃる・・・





さぁ、翌日は、船で伊良部島、下地島をクルージング

でも、波が高く、私達は、とても船酔いしました。

ここは、大鏡岩・・・





ここには、観音様がいらっしゃるとか・・・



あとは、気分が悪くて、撮れませんでした。

また、来年頑張ってみますね。





夕方は、奉納ライブです。

皆で神様に、フラダンスを奉納しました。

フラダンスは、前夜に特訓を受けました

体験してわかったのですが、

ハワイのフラダンスは、神様と繋がるダンスです

日本でもブームになっているのが、うなずけました。





女社長 ヘンミンと私です・・・

ヘンミンのブログは、元気がでますよ〜おすすめです

ヘンミンで、検索してみて下さい。

私に気前よく素敵な衣装を、貸してくれました。

本当に、感謝です。

いくつになっても女の子は、きれいな衣装をきると嬉しいですね。

ヘンミンは、日本と、母国の韓国をつなぐ

架け橋になることが、夢と、熱く語ってくれました。

日本の伝統の内掛けの刺繍を、衣装にとりいれて、ファッションをデザインしています。




ヘンミンが、プロデュースしたグループのダイくんと・・・

彼のマイケルジャクソンのダンスは、とても素晴らしいですよ。

只今、チームのリーダーとして、修行中だとか

ヘンミンは、これからの時代は、人の気持ちがわからないと、成功はしない

と、語っていました。

本当にそのとうりですよね。

ダイは、宮古の神様も応援している期待の星です。

自分の夢に向かってがんばれ〜




オペラ歌手 伊藤由紀さんこと、麻里馨さんです。

麻里馨さんで、検索してみてくださいね。

麻里馨さんの歌声が、きけますよ。

彼女の歌声は、聖母マリア様のエネルギーです。

愛のエネルギー
が、降り注ぐんですよ。

聴いているだけで、涙がとまらなくなりす。

そして、がんばっている自分を、ほめたくなります。

そこに麻里馨さんがいるだけで、空気がなごみます。

私もそんな人になりたい。

いつか、麻里馨さんを呼んで、コンサートを開きましょうね。

是非、みなさんも聴きにきて下さいね。


さぁ、宮古島の神様からの贈り物

七福塩ですよ〜

猪子さんの了解を得て、特別に、買えるようになりました。

大阪では、2店舗でしか買えない貴重なお塩です。

必要とされる方のもとへ、このお塩が届きますように。。




平成22年 元旦の日の満月と、

大神島のエネルギーか゛入った七福塩です。

遠い昔、神世の国から、不思議なエネルギーが満月の潮に乗せられ

、南国の小島までたどりつきました。

ここは神秘のベールに包まれた神の島、宝の島、そしてサンゴ礁に囲まれた島々。

その珊瑚から、発生するマイナスイオンには、人々の心のカギを開ける、体を浄化する龍宮からの送り物が含まれていると言われています。

それは、神様だけが知っている成分です。

その神成分が体内に入る事によって、眠っている細胞が起こされると、昔の人々は信じていました。

この元旦の福塩は、年の始まりにふさわしい浄化と、目覚めの成分が

エネルギッシュに詰め込まれている不思議な潮です。

販売元 ホテル てぃだの郷 
 

100g  2700円



家族の健康のために、お料理に使ったり、

頭痛がある時になめると、すーっと、痛みがなくなることもありますよ。

カバンにいれておくだけでも、浄化の効果があります。

私は、毎朝お湯に少しだけいれて、飲みます。

一日の始まりは、心と身体の目覚めからスタートします。

不思議なエネルギーが入っている塩なので、どんな効果があったかは、教えて下さいね。

宮古島は、私の魂の故郷だと、お坊様に教えて頂きました。

だから、何度も足を運ぶ御縁があったようです。

そして、最後の日に、宮古島の神様は、いつでも帰っておいで・・・と、言ってくださいました。


みなさんにも魂の故郷があります。

何故か、何度も行きたくなる場所、

そこへ行くと、何となく心が落ち着く、

自分を見つめる事ができる、

そこがもしかしたら、あなたの魂の故郷かも知れません。

自分だけの聖地を、大切にして下さい。

きっと、素敵な御縁が待っています。

もしも、宮古島へ行きたい。。。と、思われたら、

宮古島は、あなたの魂の故郷なのかも。。。知れませんね。

寺前光子が、何かのお役にたてるかも知れません。

なんでも、御相談下さい。

皆様が、自分らしく、生きていけますよ〜に







癒しの島 宮古島2

Bulan Mati の 助産師 みつこです。

 宮古島パート2です。

宮古島の平良港の付近に、

張水御嶽  ( はりみずうたき ) という  うたきがあります。

宮古島の創生神話の神様、ニ柱が祀られています。

宮古島を訪れたら最初に、お参りするところなんですよ。

裏には、ご神木のガジュマルの木があります。

ガジュマルの木は、神様の木だそうですよ。




ここには何故か、猫がたくさんいるのですが、今回は、暑すぎていませんでした。

残念ですね。猫好きの私としては、楽しみにしていたのに。。。

綺麗なエネルギーですね。



ガジュマルの神様のエネルギーですよ。

木の妖精が、いるみたいでしょ。。。?   

とっても、不思議な聖地です。


さてつぎは、宮古島の最東端にある有名な、観光スポットの


東平安名崎 ひがしへんなざき  です。


灯台があって、登ると景色がとても素敵です。




変わった形の石たちですね




何に見えますか。。。?




海とつながっている穴です。





そして次は、昨日あるテレビ局で、島田伸介さんが、紹介していましたね。


吉野海岸

浜辺近くに、きれいなサンゴ礁があり、シュノーケリングに最適です。

足がつくので、子供たちも、十分楽しめます。





珊瑚は、踏まないように、歩いて下さいね 





ヒトデちゃんも、いました。




これは、とても小さな、やどかりちゃんです。





青い海明るい太陽優しい木。。。

自然って本当に、素晴らしいですね


私達の毎日の生活は、時間におわれっぱなしです

多忙という字は、心を亡くす・・・と、書きます。

自分らしく生きることって難しいですよね


だからこそ、心を取り戻すために・・・

自然の世界に、出かけてみましょう〜 



満月の鞍馬山

Bulan Mati の 助産師 みつこです。

5月28日は、満月でしたね。

満月のエネルギーを頂きに、京都の鞍馬山に登ってきました。

鞍馬山は、約2億6千万年前に、海底火山の隆起によって生まれました。

毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊が、まつられています。

愛を月輪の精霊-千手観世音菩薩

光を太陽の精霊-毘沙門天王

力を台地の霊王-護法魔王尊

月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く

と、祈ります。





歩くのがつらい方には、本殿まで、ケーブルもありますよ。

ケーブル山門駅付近には、由岐神社があります。





私は、いつも、ケーブルにはのらずに、木々を見ながら、てくてくと、歩きます。

本殿金堂までは、791メートルもあります。

必ず、歩きやすい靴と、服装で、行って下さいね。

いつも、緑がとっても綺麗なんですよ。

からはマイナスイオンが、たっぷりでています

歩くだけで元気になりますよ。





九十九折参道を登ると、本殿金堂があります.




六角形の石の上に立ち、お祈りをすると、願いが叶うとか。。。?

天の宇宙エネルギーと、本殿の神様と、自分が、繋がる感じがしました。

そして、本殿の前は、夜になると、UFOが出没するという山です。




奥の院へ入る参道です。

ここから、空気が変わります。

是非、自分の身体で、体感して下さいね。




牛若丸が、兵法の稽古をしたといわれる、木の根道です。

かなり根がはっています。

こけないように、気をつけて歩いて下さいね。




有名な大杉権現です。

いつもひんやりとした風が、山の下から舞い上がってくるんですよ

きっと、貴船神社からのエネルギーが、水をすって舞い上がってくるのでしょうね。

それは、まるで龍が、鞍馬山へ舞い上がってくる感じ、とてもおもしろいです。



さらに奥にある、奥の院魔王殿には、石灰岩の磐座があります。

写真には、撮りませんでしたが、中に椅子があるので、座って、深呼吸をしてみて下さい。

強いエネルギーを、岩や天から感じるかも、知れません。

ヒーリングや、霊気のお仕事をされている方が、パワーアップをしにくるみたいですよ。

この日も、満月にあわせて、たくさんの方達が、遠方から来られていました。

綺麗な景色を見て、空気に触れて、

その場所で自分が、どんな感じを体験するのか・・・?

悩んでいる時には、きっと、気づきがありますよ。



みなさんは、自然に触れることを、忘れていませんか?

疲れた身体には、とても大切なことみたいです。

是非、自然のある場所へ、出かけてみて下さいね












 

バラは、癒しの花 癸韻任

 Bulan Mati の 助産師 みつこです。

 今日は、お友達が、自宅に招待してくれました。

この季節は、癒しの季節なのだと。。。?

訪ねてみると、見事な。。。バラ、バラ、バラ。。。

見事なツルバラですね。



妖精が飛んでいますね。きっと。。。




とってもいい香りが、しましたよ〜

























彼女は、5年という月日をかけて、100種類のバラを育てたとのこと。。。

イギリス、フランス、ドイツなど、様々なバラの花たち。。。

ご近所の方も、きっと、癒されているはず。。。

愛情がたくさん注がれて、立派に開花しましたね。


お土産に、花びらも頂いて、バラ風呂に入りました  は〜っ、しあわせ〜 




そして、我が家の玄関にも飾りましたよ。

きっと、天使たちも癒されていますね。

バラは、とても癒しの効果がある良いエネルギーを、だしてくれます。

みなさんも是非、玄関に飾って、家族のパワーアップに、役立てて見てくださいね。




神々の島 宮古島と七福塩

Bulan Mati の 助産師 みつこです。

今回は、宮古島の平良港から高速船で10分の伊良部島
紹介します。

伊良部島の佐和田の浜の北端に、黒浜御嶽(くろはまうたき)があります。

御嶽とは、その土地の方と神様が、ひとつになる場所で、

島の方が、とても大切にされている聖地です。

観光客が、おもしろがって、むやみに立ち入る場所ではないそうです。

私は、その道のプロである...伊良部島のホテル☆てぃだの郷のオーナー

猪子さんに、案内して頂きました。



その場所に立った瞬間、身体がピシッと、引き締まるのがわかりました。

「しっかりと、お仕事しなさい...」
と、誰かに言われたような...気が?

「ここはね、島の女の人が、妊娠や安産を願う御嶽だよ。」と...猪子さん...

私が助産師だとは全く知らないのに、インスピレーションで案内してくれた聖地でした。

そこで撮った写真です。

天女が降りてきた...?



いえいえ、

天使でした...?



そして、佐和田の浜の南端には、渡口の浜(とぐちのはま)があります。

真っ白な砂浜が続いているんですよ...

そして、いつ行っても...誰もいないんです...

旧暦の3月3日に、女の人は、裸足でこの砂浜を歩いて浄化するそうです。

足の裏から、不要なエネルギーが出て行き、

身体に必要なミネラルが、砂からすーっと、入ってくる感じでしたよ。

特に、宮古島の砂には、たくさんのミネラルが含まれているらしいです。

みなさんも海に出かけたら、是非とも裸足で、砂浜を歩いてくださいね。

きっと、元気になりますよ・・・。



そして、砂浜にいらっしゃった方は...?




ラブラブやどかり様でした...

島では、やどかりは、神様のつかい...なんだそうですよ。



そして、不思議なお塩との出会い


        縁起の良い塩 七福塩(ふくしお) 

神々の島、宮古諸島には、約千カ所の拝み所があります。

 その代表的な島である大神島の対岸に、島尻という聖地があり、

 その海面を照らす十五夜の満月の満潮の海水を汲み上げて、作られたの

 が、七福塩です。国内でも他にはない、月のエネルギーを豊富に含み、

 浄化効果が一段と優れています。現代人に必要である体内細胞活性化の成分

 が多く含まれ、自然治癒力を高め、新陳代謝の向上を促す作用もあります。

 七福塩は、人間が本来持っている免疫力を引き出してくれます。体内の毒素

 の排泄だけでなく、土地の浄化、邪気払い、厄除け、お守りとしても効能が

 あります。  
(販売元:ホテル☆てぃだの郷)


  
今回春のキャンペーン期間中は、この七福塩をプレゼントして、

 フットバスや、オイルに混ぜてマッサージを、させて頂きます。

 どんな効果があるのかは、お楽しみですね。


 七福塩オイルマッサージ   60分  ¥7000→¥5000
  
 マタニティオイルマッサージ 60分  ¥7000→
¥5000


 残ったお塩は、プレゼントですので、持ちかえり自宅でも使って下さい。

 (定価 七福塩 50g 700円です。)


 御予約は、お電話でお問い合わせください。
        BULAN MATI  0721−51−3015

                  
 エサレンRボディワークプラクティショナー     助産師 みつこ

                                           

癒しの島 宮古島

 はじめまして、BULAN MATI 助産師みつこです。
11月16日から2泊3日で、宮古島と近辺の島へ行ってきました。
南国の島々は、疲れた心と身体を元気にしてくれるパワーがあります。
そして食べ物も、とっても新鮮でおいしいんですよ。



これは有名な宮古そばです。
あっさりしていて、とても腹もちがいいんですよ。



とっても綺麗な海です。



何で、悩んでいたのか忘れてしまいました。



花も暖かく迎えてくれます。



このトンネルは、まさに産道みたいです。
ここを通り抜けると・・・



子宮のような偉大な池があるんですよ。



地元のおじさん、重ちゃんと娘さんです。
このおじさんは、不思議な石を持っているんですよ。
そのお話は、またの機会にね。



ここは、秘密の場所なんですよ。




虹がでました。



うずまきパンのアイスクリーム添え
私の大好物です。

皆さんにも、自分が自分に戻れる場所があるはずです。
一度しかない人生を、大切に、今という時間を楽しんでくださいね。
 
みつこのひとり言でした。


| 1/1PAGES |

◆カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

◆記事

◆記事のカテゴリー

◆過去の記事

◆ご来店をお待ちしてます

◆その他管理機能

◆携帯からもチェック!

qrcode